これだけは譲れない歯科衛生士の求人の条件

景気が回復してきたとはいえ、まだまだ就職難の時代です。そんな中、歯科衛生士の仕事は、慢性的な人材不足から一人に対する求人の倍率が高く、職に困らないことで定評があります。更に、高齢化が進むにつれて、更にニーズが高まり、歯科医院や保健所以外にも介護現場での活躍など、多面的に活躍することが期待できると予想されます。看護師と違って夜勤や残業が少ないので、家庭と仕事の両立がしやすく、出産や育児などで一時的に仕事を離れた女性が復職するにもぴったりです。歯科衛生士になるには、高校卒業後、専門学校や短期大学、大学などの歯科衛生士を養成する機関で3年以上学んで卒業した後に歯科衛生士国家資格の受験資格を与えられ、その試験に合格すると厚生労働大臣から免許証を与えられ、歯科衛生士になることができます。

歯科衛生士は時代に左右されない魅力的なお仕事です

歯科衛生士の求人には大きく3つの仕事があります。1つ目は、虫歯や歯周病を防ぐための歯垢や歯石の除去や、フッ素塗布を行う歯科予防処置です。2つ目は歯科診療補助で、歯科医師の治療業務のサポート全般を行います。器具や薬品の準備や管理、更に医院によってはカルテの管理や診療報酬請求といった医療事務的な業務も担当することがあり、多くを学べる仕事でもあります。3つ目は歯科保健指導です。これは、虫歯や歯周病にならないようにするために、日常生活におけるオーラルケアの方法を、専門的見解から解説、指導していく業務です。医院はもとより、保育所や学校等の教育の現場、福祉施設、保健センターなどで活躍します。このように、歯科衛生士は、人々の健康の源の維持向上をお手伝いする必要不可欠な職業であることはいうまでもありません。

高待遇な条件の多い歯科衛生士で自分に合った仕事を探そう

需要とニーズのバランスで、現在は歯科衛生士の仕事は引く手あまたな状況です。求人内容も比較的充実したものが多く、給与や福利厚生、交通費にはじまり、勤務時間や勤務地、講習会参加、スキルなど細かな条件のもと仕事を探すことができます。例えば、単身者の場合、住宅手当や引越し費用の一部補助受けられると助かりますし、非単身者の場合は、育児休暇制度や残業の有無、家族の都合による急な遅刻早退欠勤の対応があると働きやすいと思います。又パート、アルバイト勤務では、週2日、3日程度の1日数時間程の条件でも求人を見つけることができます。ブランクや経験の浅い人は、先輩からの指導内容や勉強会の頻度なども検討して、働きながら学べる環境かも考慮するとよりよい仕事ができると思います。勤務状況によって、応相談で微調整してくれるところもあるので、自身の勤務条件に合った求人を吟味することができます。