歯科衛生士の求人の多さを地域別にみる

歯科衛生士は、近年人気の高まっている職種のひとつと言えます。社会的に見てもニーズの高いお仕事なのです。歯や口の中の健康は、現在、日本の中でも重要視され、一般の歯科医院や医療機関だけでなく、介護の現場でも必要とされています。歯科衛生士に関する専門学校も存在し、一度歯科衛生士の資格を取得すると、生涯を通してその資格を活かせる機会にめぐり合いやすくなります。ですので、資格を取得した後の仕事探しにも魅力的なポイントがたくさん出てきます。実際に、歯科衛生士を募集している求人広告が数多く見つけることができます。そんな、歯科衛生士の求人の魅力的なポイントについて具体的に紹介します。また、地域別にも歯科衛生士の求人がどれくらい出ているのか、その特徴について比べてみたいと思います。

歯科衛生士の資格をとるメリット

長年、不景気が続いている中で、就職活動がうまくいかない学生も毎年多くおられるかと思います。そんな中、歯科衛生士の求人は、比較的安定していると言われています。患者がいる限りは、需要があり続けますし、歯科医院も昔に比べると非常に数が多いです。ただし、その分、歯科医院の競争が激しくなっているのも事実です。患者数などによって経営状態もそれぞれ違いますし、給与も様々です。求人広告だけでは分からないこともあるので、面接の際によく確認することが重要です。また、歯科衛生士は、結婚や出産を機に一度退職してしまったり、家族の都合で引っ越しなどをしても、社会復帰しやすいメリットがあります。雇用形態も、パートで家事や育児と両立しやすいパターンもあるので、長く資格を活かせることが可能です。

地域別にみる歯科衛生士の求人事情

自分のライフスタイルに合わせて仕事がしやすいとも言われる歯科衛生士のお仕事ですが、地域別に見るとどのような差があるのでしょうか。まず、給与で比べてみると、都心部の方が平均年収は高い傾向にあります。一方で、東北や九州地方は平均年収でみても低い傾向があります。これは、都心部に比べると高齢化も激しく、美容歯科よりも歯科治療の専門医院が多いのが給与に影響しているのではないかと考えられます。また、物価などの影響も考えられます。歯科衛生士を専門にした求人サイトも、関東圏などを中心とした求人を取り扱っているサイトも多く、都会の方がその分、求人の数が多いのではないかとも考えられます。こうした需要と供給による差が、地方によって歯科衛生士の求人内容に差が生じているのかもしれません。