月: 2020年5月

スキーバスツアーと温泉の魅力とは

楽しく旅をするには様々な準備が必要です

旅をすることで、私たちの生活は何倍も潤うと言われています。猛威を奮っていた新型コロナウイルスがようやく落ち着いて来ていますし、計画を練って旅に出てみてはどうでしょうか。気分が大きく変わりますし、仲間との絆も深まるのは確実です。旅をする上で気になるのが、費用面だと言われています。個人旅行はコストが膨らみますし、ツアーに申し込むのが効果的です。浮いたお金をお土産代金に充てることが出来ますし、二度目三度目の旅行にも繋がります。

冬を満喫するにはウインタースポーツが一番です

近年、スキーバスツアーが人気を集めています。スキーやスノボをしたいと願っていても、問題なのがスキー場までのアクセスです。路面凍結のリスクがありますし、道具の持ち運びにも苦労が伴います。その点、スキーバスツアーであれば全てを解決することが出来ます。夜に都市部を出発して、早朝にスキー場に到着するプランが人気です。サラリーマンやOLにとっては、金曜の夜から出かけることで仕事を休まずに満喫することが出来ます。スキーのレッスンやリフト券もセットになっているツアーが増えていて、ビギナーであっても不安を感じることがありません。インストラクターが丁寧に指導をしてくれるので、怪我の心配がなくなります。

心も体も温まってリフレッシュになります

スキーバスツアーとセットになっているのが、身も心もほかほかになる温泉です。全国各地に有名な温泉がありますし、効能もバラエティーに富んでいます。スキーをすることが全てではありませんし、じっくりと癒されるのも素敵なのではないでしょうか。また、家族旅行を計画する上でツアーを活用してみて下さい。仮に三世代の家族旅行だとするなら、祖父母はゆったりとお湯につかって、若い世代はゲレンデで思う存分滑ることが出来ます。ナイター営業のスキー場が大半ですし、一日を通して滑ることが可能です。ツアーを利用する世代としては、大学生の占める割合が多いと言われています。スキー合宿や卒業旅行で利用することで、一生の思い出になると言われています。宿泊するホテルや旅館によっては、部屋に温泉が備わっているところがあります。他のお客さんのことを気にせずに楽しめるので、プランの一つに加えてみても楽しいと言われています。温泉から見える景色は素晴らしいですし、何度も訪れたいと願う方が大部分のようです。

スキーバスツアーは相場がそれなりにある

スキーのツアーを比較するということ

スキーバスツアーというのは当然ながら冬に行われるものでありますからその時期にほとんど集中しているわけです。一応のことを言いますとか意外にもそれなりにツアーとしていくということもあったりしますのでそちらの方も検討した方が良い時もあるでしょう。しかし一般的には国内でということがほとんどになりますのでその方からアプローチしてみると良いでしょう。当然ながら相場というのは存在していて何人以上のようなものであればいくらとかどこからどこに行く場合はいくら打ったようなものが結構明確に決まっている感じではありますので、そこから比較してみるとよいでしょう。

泊まるところなどによっても違いがある

どこに行くのかということによってやはり相場が違うということは間違いないのですがやはり同じスキー場に行くとしてもどこに泊まるのかということでも大きな違いが出てきます。どのくらいの広さで良いのかとかどのくらいのホテルの設備が欲しいのかといったようなことから相場もだいぶ変わってくることになりますので、スキーバスツアーというのはそういうところから探してみるというのも重要です。しかし、大抵の場合、とにかく滑ることに特化しているというようなことが人気であったりするので、安く、とにかく安く、ということを目指すのもよいでしょう。安く行くことができて安く泊まることができてとにかくガッツリと滑ることができるというようなツアーの方が良いという考えの人もいますし、そうではなく泊まるところにも拘りたいということもあることでしょうからそれにも左右されます。

何に拘るのかということによって違う

それこそ2万円台で行くことができるスキーバスツアーもあるでしょうし、10万円を超えるようなものがあったりします。滑る場所、泊まるところによってそれは違ってくることになります。移動するときのバスの大きさなどにも快適さを求めるのであればどうしてもそれなりの金額を支払うことになるでしょう。スキーに行くからといってスキーのみができれば良いという話ではなく、快適に利用することができるのかどうかということを重要視するのであればやはり色々と比較しなければならないことは多いです。また、そのスキー場が自分のレベルに合っているのかどうかというようなところも確認したいところでしょう。ツアー自体の評判なども調べてみておいた方がよいことです。

スキーバスツアーに参加する場合どのような持ち物が必要か

十分なお金を持っていくことが必要になる

スキーバスツアーに参加する場合の持ち物ですが、まずお金が重要になります。最近は、お金はあまり使わず電子マネーに頼っている人が多いでしょう。日本では、およそ30%ほどの人が電子マネーを積極的に利用していると言われています。これは高齢者等の人たちも含めての数のため、60歳より下の年齢であれば、もう少し高い数値になることが予想できます。この電子マネーは、確かに便利ですがスキー場に行って使えない場合もあり得るでしょう。例えば、スキー場の近くにあるおばあちゃんが経営しているようなお土産屋さんで電子マネーを使える可能性はかなり低いです。このように考えれば、電子マネーさえあれば良いわけではなく、十分なお金を所持しておくことが必要です。仮に電子マネーの使えるお店があったとしても、電波が届かないか携帯電話の電源が入らないような状態幼稚いれば、その電子マネーを使うことができません。まるで、開かない財布と同じで意味がないことがわかります。スキー場に行く場合には、少なくとも30000円位のお金は持っていきましょう。もし、銀行で途中で下ろす場合には、そこまでのお金は必要ないかもしれません。

スキー場に行く場合には少し厚着をしていこう

スキー場に行く場合の持ち物としては、防寒着を着て行くのが基本になりますが、可能な限り厚着をしていくことが必要です。もし、出発時点でそこまで気温が低くなかった場合でも、余分な洋服を入れておくだけの余裕は持っておきたいところです。洋服は、気温が暑ければ脱げば良いだけで、それほど不便にはなりません。ですが、洋服を十分に持っていないのに想像以上に寒かった場合風邪をひいてしまいその後生活が乱れる可能性があります。また山の天気は変わりやすいと言われていますので、突然気温が下がることも考えましょう。

バスで眠るためのグッズを持っていく

スキーバスツアーに参加する場合には、持ち物としてバスの中で眠るグッズを持っていきましょう。スキーバスツアーといっても、2時間程度で到着する場合はバスの中で寝る必要はありません。ですが、日帰りのバスで出発時間が早くバスに揺られている時間が3時間位ある場合には、途中で睡眠を取った方が良いことがあります。現地に到着するまではテンションが高いため、眠くなるかもしれませんが、帰りは疲れているだけでなく緊張の糸が切れてしまい眠くなってしまう可能性もあります。バスの椅子に座りながら睡眠を取る場合には、空気で膨らます枕などを持っていくと良いでしょう。またアイマスクがあることで、明るい光を遮断することができ熟睡を期待することが可能です。

日帰りのスキーバスツアーの特徴は

出発時間が結構早いことが特徴の1つ

スキーバスツアーの中でも、日帰りのものは比較的人気があります。スキー場に行くまでの時間はそれなりにかかるため、出発時間が早くなるのが特徴になります。例えば東京都から出発する場合群馬県のスキー場まで行くのに遅い時間に出発すると到着がお昼過ぎになってしまう恐れがあるでしょう。到着がお昼過ぎになってしまうと、日帰りの場合ならば夕方までにバスに乗り込まなければならないため、十分にスキーを楽しむことができません。このような場合には、お客さんからクレームが来る恐れがあるため、早い時間に出発して、なるべくスキー場にいる時間を長くする傾向があります。具体的には、朝の4時から5時ぐらいに出発して、現地に9時ごろ到着すれば、十分にスキーを楽しめるでしょう。中には、夜中の2時から3時位に出発するバスもありますが、その場合だと徹夜をすることになるため、仕事明けに行くのは少々きついかもしれません。自分の体調をよく考えた上で、どの出発時間帯のバスを選ぶか決める必要があります。

どれぐらいの時間がかかるのかを知っておく

スキーバスツアーで日帰りの場合には、現地に到着するまでどれぐらいの時間がかかるものでしょうか。例えば東京から出発する場合は、群馬県や栃木県のスキー場に行くことが多いです。1番近いのが群馬県のスキー場になるため、そこまでの時間が重要になります。高速道路を通りますが、最低でも2時間以上はかかると考えてよいでしょう。おおむね3時間位かかる傾向にあるといえます。高速道路の場合、渋滞するのではないかと心配する人もいます。ですが、渋滞の事はあまり気にする必要はありません。何故かと言えば、出発時間帯が夜明け前など早いからです。その時間帯に渋滞していることが絶対にないとは言い切れませんが、まず渋滞している事は考えにくいです。

鉄道に比べると料金が安いのが特徴になる

スキーバスツアーの日帰りは、料金が安いのが特徴といえます。例えば、鉄道利用してその日のうちにスキー場から帰ってくるプランもありますが、鉄道利用する場合には往復2万円近くかかることが多いです。これは食事代や現地の移動の時に乗車するバスなどを含めた料金になります。これに対して、バスを利用する場合には1万円前後で往復することが可能になるでしょう。中には、リフト券を含めてそれぐらいの金額に設定してあるところもあるため、かなり安いことが理解できます。ただし、この場合にはあまりゆったりしたシートが利用される事はありません。格安のバスであれば、4列シートが基本となりたくさんの乗員を乗車させるため多少窮屈な面はあるでしょう。