歯科衛生士の求人情報はここで得よう

私たちは虫歯などの歯の不調を感じた時や、歯や口腔内のクリーニング、健康維持の為に歯科医院を受診することがあります。そこでは歯科医師の他に歯科衛生士、歯科助手などの様々な人が働き、私たちの歯や口腔の健康を守る手助けをしてくれています。ここで採り上げる歯科衛生士とは、どのような仕事なのでしょうか。歯科衛生士として働くには、歯科衛生士法に基づく国家資格の取得が必要です。歯科衛生士の仕事は、歯科予防処置、歯科診療の補助、歯科保健指導を専門的な医療技術をもって行うことです。この専門職である歯科衛生士の求人情報は、主に公共職業安定所、いわゆるハローワークや地域の情報誌、新聞の折り込みチラシなどの中にある求人広告、インターネット上の色々な求人情報サイトにて得ることができます。

歯科衛生士になるために必要なこととその仕事内容

歯科衛生士法に基づいた国家資格を取得した人が歯科衛生士として働くことができます。この資格を取得するためには、まず、専門学校や短期大学、大学などの歯科衛生士養成機関で、歯科衛生士として求められる技術や知識を習得し、養成校の卒業に必要な単位を取得します。そして養成校を卒業すると歯科衛生士国家試験という国家試験の受験資格を得ることができます。この国家試験に合格すると歯科衛生士の国家資格が取得できるのです。以前は養成校での修業年数は2年でしたが、平成22年には全ての養成機関が3年制以上となっています。歯科衛生士の求人内容は、歯科医師の診療・治療をサポートすることの他、歯科医師の指導を受け、虫歯や歯周病予防の為に歯や口腔内に薬を塗布したり歯石を除去することや、歯磨きや食生活の指導などがあります。

歯科衛生士の需要の高さや魅力とは

歯科衛生士は需要が高い職業です。歯科医院は全国にたくさんあります。その全ての歯科医院に歯科衛生士が必要になってくることを考えると、かなりの需要があると言えます。また、最近では高齢化による在宅での診療や介護施設などでの診療、更には美容に特化した、より専門的な歯科治療が行われる可能性も出てきており、より一層歯科衛生士の需要が高まると言えます。歯科衛生士の求人の魅力は、歯科医院だけでなく、保健所や高齢者福祉施設、障碍者施設、歯科関連企業、総合病院などの多彩な活躍の場があること、国家資格があるので結婚・出産などでライフスタイルや居住地が変わっても再就職がしやすいこと、などがあります。また、歯科医院などは夜勤がないところも多いため家庭やプライベートとの両立がしやすいことも魅力です。

求人数も他のサイトと比べて圧倒的多に多いです。 2016年7月からサービスを開始し、数多くの求職者や人材を探している会社の方に利用されています。 ! 首都圏と沖縄を中心とした医療系のお仕事を多数掲載しています。 職種、雇用形態、こだわり条件で自分にあった条件に絞って検索することができて便利です。 24時間いつでもスマホとPCから簡単にご利用・ご応募可能です。 歯科衛生士の求人情報の事なら【メディワーク】